« ロックの日 | メイン | ノラ紫陽花 »

2010/06/12

コメント

二十先生

納税できるなんて、普通の社会人として立派なものです。 私など市役所に景徳鎮に行きます。 給料は54000円というと申告してもらわなくても結構といわれました。 市民として、最低の市民税は妻が払ってくれています。 いささか情けない身分です。収入はほかに基礎年金の50000円です。 64歳まではこの基礎年金のみです。 これでは日本では生きていけません。 君の方が立派ですね。 4000元の給料からは中国では税金は引かれません。 こちらでは高額の給料です。 市内の一般的な給料は1000元から2000元です。 散髪が15から20元。 市バスは1元。ペットボトルの水1元。 コーラ一本2元です。元地方公務員として高額な所得税を納めてきましたが。 君の納税が私たちの年金を支えています。 私の4人の子供たちも。 今の日本の陶芸界・陶業界で色々な形であれ税金を納めれるのは人並みの生活をしている証左です。 続けてください。陶芸を!納税行為を!

すずき

恐縮です。
まったく褒めて頂く程のものじゃないんです。
この程度では、なにも支えられません。


酒税の方が多く納めているかも?
そっちは何かの役に立っている事を祈ります。


この記事へのコメントは終了しました。