« いただきもの | メイン | 誠に勝手ながら »

2007/02/07

コメント

iyo

シャレガキさんのリンクではじめて拝見しました。
なるほど・・・270g・・・・ふむふむ。

なんかこれだけ並んでいるのを見るだけでも楽しいですね。
また、ちょくちょく 拝見させて頂きます。

jun

わかるー。
パン屋とかで働けそうな気がしてくるよね。
しかし、一個挽きなんだね!尊敬。

higasa

目分量で同じなんて、「職人」じゃないですか!
頑張ってくださーい。

ぱるぺ

iyoさん:
どうも、早朝にいらっさいませ。
今はこの玉から出来た湯呑がいっぱい並んでいます。

こんなところですが、晒柿さんトコの帰りにでも是非お立ち寄りくださいな。

junさん:
そうそう、この技術を何かに生かせないものか?
って、これで充分かぁ。
わたしは一個挽きのがラクチンです。
石膏板とケイカル板がわたしのヤキモノ生活にレボリューションをっ。

higasaさん:
いやいや、褒めて頂くほどのことではないのですよ。
職人さんはもっともっとすごいでしょう・・・。
かなわないな。

この記事へのコメントは終了しました。