« オアシス | メイン | いただきもの »

2007/02/04

コメント

jun

昨日買い物に行って太巻きを欲しがったら、「海苔屋の作戦だ」とかなんとか言われて拒否された。食べたかった・・・。

鰻丼!やはりセレブ・・・。中学の時に歯科医のぼっちゃまがやはりお弁当に鰻を持ってきて皆から羨望の眼差しを受けてた事をふと思い出したよ。今思うと親に感謝だよねえ、お弁当って。

higasa

あー、節分らしいこと何にもしてなかった!!
近所の神社で「節分会」があったらしいのが気になっていたのだけど。
ちなみに恵方巻(でしたっけ?)って
名古屋のお寿司屋さんが考案したのが起源らしいですよ。

今日はお昼ご飯?のところおじゃましました。
あれから散々迷いに迷いましたが
おかげさまでなんとかPHONONさんに
文字通り辿り着き、オススメのホットサンドを食べてきました。
実に目にも口にも美味しいお店ですね。
いただいてきたカップは先程カフェオレを飲むのに使ってみました。
実に素晴らしい!!
今日はパルペさんのおかげで楽しい午後でした。
金継ぎした器、完成したらお見せしますね。

ぱるぺ

junさん:
ども、セレブです。
はい、おいしい鰻しか食べたことがありませんがなにか?(ただ、産地が近いだけ)

太巻きおいしかったよ。
あの夜はさらに海苔屋の作戦失敗のおかげで、
海苔が破れて(ただそれだけで)自主回収された太巻きまでいただいて、超太巻きデーでした。
おかげでなんだか厄が落ちた気がします。

higasaさん:
今日は(も?)ありがとうございました。
あの話、実現するといいなぁ。
こちらこそ、いつもいろいろなお話が出来てうれしいです。
PHONONにも行けたようですね。良かった。
ほんとなら、お店閉めてご一緒したいくらいでした・・・。

恵方巻き、名古屋が発祥なんだっ?!
関西だとばっかり思ってた。
それにしてもなんだか不思議な風習ですよね。

また、是非豊橋ツアーへいらっしゃってください。
いいスポット、探しておきます。

とく店員

昔読んだ神津カンナの本で、母の中村メイコ作のお弁当がお茶漬けだったというのがあったなあ。ごはん、お茶漬けの具(多彩)、お茶、というように、気軽な食べ物の割には弁当にすると手の込んだものとなっており、しかもかさばるもので一度切りで終了だったと書かれていたような気がする。あとこれもまたずいぶん前のブロスのコラムで、白米にかっぱえびせんだけのおかずという弁当を作ったかあちゃんの話が出ており、今もまだ忘れられんインパクト。

higasa

ぱるぺさん、また豊橋の「おお!」なところ教えてくださいね。

恵方巻、わたしがはじめて存在を知ったのが
名古屋で学生時代に同じアパートに住んでいる友人からでした。
しかもこの友人、姫路出身。
「部屋の電気全部消して真っ暗な中で今年の方角向いて
 黙って食べなあかんねん。」だって。
あの頃は名古屋でも恵方巻の習慣ってなかった気がします。
(10年くらい前の話ですが)

ぱるぺ

とくさん:
メイコの話は母には内緒にしようと思います。
闘志を燃やすといけませんので。
夕食にかっぱえびせんがオカズの一品として並ぶことは我が家ではよくあることです。
箸で食べます。

higasaさん:
そうそう、わたしは京都で十数年前に初めて知ったこの風習。
モグモグ無言で食べているのを想像するとなんだかおかしー。

こちらこそ、浜松スポットもいい情報あったらぜひよろしくです。


jun

そういや、うちは母親が京都出身だけど、恵方巻って愛知県に来てから知ったよ~。豆はまいてたけど。いつからあるんだろうと不思議だった。もしや母親が太巻きを作るのが面倒だっただけなのかしら・・・。

ぱるぺ

えっ?!
ますます深まる恵方巻きの謎。

これは捜査せねば。
わかったら報告しますっ。

すずき

君は弁当箱一面のチャーハンを見たか?

(杉良太郎"君は人のために死ねるか"の節で読むこと)

ぱるぺ

それがまるごとオムライスだったことがあるかい?

(ムッシュかまやつ"きみはゴロワーズを吸ったことがあるかい?"の節で歌うこと)

この記事へのコメントは終了しました。