« ぶつぶつぶつ | メイン | 「メリケン」ってのは「アメリカン」が訛ったんだって、知ってた気もする。 »

2007/01/08

コメント

とく店員

ぜひ永六輔「職人」(岩波新書)を入手してくださいな。尺貫法で仕事をしている(た)人たちのひとことふたこと、永さんがヤミの商売人として曲尺鯨尺を売って回るアクニンぶりなどが大変ゆかいで、ぐっとくるものがございます。私はブックオフで100円で入手いたしました。同じ本でもちょっとした痛み具合か何かしらんが、で、250円コーナーにあったりもするのでご注意(こっちだけかもしれんが)。

追伸)
1)いつかカラーで進呈したいとは思います。
2)オラんとこはuではなくてhでひとつ。
3)遅れたが明日参加するぜ。という冗談を書いたところで、どうせ帰ってきてからここ見るんでしょそうなんでしょ。ちぇー。

ぱるぺ

ええ、帰ってきました。
来ると思ったのにな、ちぇっ。

いい情報をありがとう。
ヤミの悪人気分で、曲尺を使ってみることにします。
うーん、なんだかスリリング。
本も良さそうだね。
早速探してみます、まずはブックオフを探すことから・・・、駅前にはあるんだけどな。

"h"については失礼いたしました。
私としたことがっ。

そちらはたいそうお寒そうですね。
ノロにはくれぐれもご注意を。

この記事へのコメントは終了しました。