« しかく | メイン | 使ってみた »

2006/12/20

コメント

うさぎ

今日、二俣の秋野不矩美術館でやっている、知り合いのMIKIKOさんの個展へ行きました。そのとき、ルーシー・リー展をポスターで見て知り、あっ見たい!とすごく思ったところです。
ボタンとおばあちゃんに魅かれました。

そしてそして・・・焼津の海のみえるDADALI・・
私が連れて行ってもらうとっておきの場所です。

私のブログの「好きなものⅡ」の写真は、入り口のドアノブです。
私が行った11月の終わりは、誰も居なくて、海は遠くまできらきら光る海のダイヤモンドがいっぱいでした。
ロシアンブルーの猫ちゃんはたしかルソーと聞きました。

そこは、昔・・かもめというカフェだったと知り合いは言い、
私は、かもめと呼んでいます。そこにある空間は、自分の心に響き、言葉にはしにくいですね。

なんだか・・嬉しくて、お返事しました。

ぱるぺ

そうそう、ルソー。
意外と人見知りもしない、にゃんこでした。
しっこりと重くて、柔らかくて。

写真もアップできたらよかったのだけども、ゆっくりコレクションを見せて頂いている間にとっぷり日も暮れて・・・。(自然光派としてはね)

ルーシーリーと丁度いいコースですよ。
行かれてはいかがでしょう?

とく店員

ルーシー・リー展に関してはわりと心おだやかに「あら、いいわね、うらやましいわ」といえるのだが。な、なぬっ!! 石田徹也のほんものの絵をみたのかっ! そうなの、ねえそうなのねっ!! 取り乱してみました。紀伊国屋書店でぐっと目にとまり、がしがし立ち読み(2度ほど。なら買え)、そののち新日曜美術館でやっていて(今週また再放送あるみたいですな)、がっちり見たよ。大きな絵を見てみたいなあ。行くか発作的に駿河、じゃなかった駿府博物館。しかしわたくしには行き方がまったく想像できないのであった。

勢いで書いてしまいました。失礼いたしました。

ぱるぺ

そうなのだっ、本物。
がっちり見てきました。ほほほ。

24日までですよ。 おこしやす本州。

DADALLIも行こうねぇ。
・・・ただし、現地集合で!(とことん意地が悪い)

ぱるぺ

とくさん:
あ、失礼。
会期延長で、28日までだそう。
けっこう点数ありましたよぉ、見応えたっぷり。

ほらほらっ。

jun

石田徹也って私もテレビで見た。
そうかいまやってるのか・・・。ねえねえルーシー・リー展は昔信楽の陶芸の森でやってたのとはまた別なの?

ぱるぺ

うん。
陶芸の森のとは違うよ。
点数もそれほど多くはなかった。
まっすぐ取手の片口とかは初めて実物を見た。
口がぼよんとしててかわいかったなぁ・・・。

jun

そうなんだ。むー気になるなあ。
まっすぐ取手の片口・・・。

ぱるぺ

ちょいと、日帰り行楽にええ感じよ。

いってらっさいな。
是非、DADALLIも!

この記事へのコメントは終了しました。